アタマノナカ。

シンプルに暮らす・シンプルに考える

女の仕事と言われる家事の簡素化。でも家の中はきれいに保つために考えたこと。

おはようございます。

curiです。

 

私の嫌いなもの。それは家事。

特に料理。

家に帰ってから、なぜこんなにもしなくていけないことが

多いのだろうと思います。

それも女ということで…当たり前のようにしないといけない家事。

それが不満なのです。

 

性別が違うだけでこんなに違うのか。

同じ時間働き、家の中まで仕事をしないといけない。

仕事ならそれなりの給料は出るのに、

家の家事は給料は出ないし、当たり前のようにしないといけない。

 

それも周りは、女がして当たり前。

パパさんがしようものなら、女のくせに恥ずかしいと言われました。

本当に意味が分からない。

 

共働きを続けるために私が考えたことは、

家族全員。男も子供も全員。

誰もがひと通りできるようにすることです。

 

人に教えるには分かりやすくなくてはいけません。

①モノの置き場を決める。

②家に帰ってからすることをホワイトボードに書く。

③休みの日に掃除の仕方を教える。

(お風呂、トイレ、ご飯の炊き方等)

 

自分で掃除をすることによりきれいに使うようになる。

将来1人になってもある程度できるようになれば

いざというときに困りません。

 

一番は、モノを減らすこと。

モノが多いと分かりにくい。

 

なので、

モノの簡素化 

が大事なのです。

 

ということで、モノの置き場や導線を考えるようになりました。

掃除道具や洗剤類は、脱衣所とパントリー(キッチン奥)

に集約させています。

問題があったら、すぐ改善させてみんなが使いやすいようにしたいと思います。

f:id:curi-head:20181204002912j:plain

f:id:curi-head:20181204002851j:plain

f:id:curi-head:20181204002843j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村