アタマノナカ。

シンプルに暮らす・シンプルに考える

本屋はなぜこんなにテンションをあげてくれるのか!?

また本屋が閉店した。。。。

街から消える本屋 惜しまれつつ、青山ブックセンター六本木店が25日に閉店

 

私のテンションを上げてくれる本屋さん。

一週間に1~2回行かないと寂しくなる本屋さん。
毎日行っても飽きない。

図書館とはなにかが違う。

図書館にはない満足感。充実感。ワクワク感。と安心感。


行く日によって、自分の状況により手に取る本も変わってくる。

またそこが楽しい。

 

■手に取る順番

①ファッション誌。あらゆる系統に目を通す。いつもの服にヒントを入れる。

②インテリア、雑貨系の雑誌。新刊に目を通す。

③インテリア、生活系の単行本。

④心理学的な本

⑤お金関係の本

 

やはりタイトルに引かれて手に取ることは否めない。

タイトルって大事だなと思う。

 

■本とは

このごろ、気になっているのは

心理系、精神論系、お金関係の本。

 

 

前は、小説などが多かったのだが、一時期精神的にきつかった時期があったのが影響したのだろう、心理系の本がイッキに増えてしまった。

何を本に求めているのだろうか。

ジブンの考えを正解にしたいために、その後盾の文章を探す。

ジブンの考えが間違っていないか確認する。

現実から離れたいとき。

 

本を読むと別の世界に行ったように妄想が始まる。

現実から少しの時間離れられる。

 

でも、本屋さんに行くだけであんまり本を購入することがない。

ごめんなさい。