アタマノナカ。

シンプルに暮らす・シンプルに考える

完璧な母って何??

「完璧な母になりきれず…」

今日、こんな記事をみました。
大阪市4月、マンション5階の自宅ベランダから長女(2)を投げ落として殺害したとして、殺人容疑で無職で母親の女(31)が逮捕された。
その母親は、「完璧な母親になりきれなかった」語ったそうです。


この言葉きっついですねよ。


■「~すべき」の育児


イッシが生まれたとき
「しゃべらないのだから、親だから何を子どもが思っているのかわかるはずだ」
 

トイレトレーニングでは、
「おねしょをする前に夜中に起こしなさい」
「おむつを早く取れるようにしなさい」
「おしっこをしようとするサインがわかるようにしなさい」

 

ほんと思い出したらきりない。
自分は母親失格だと思っていました。

 

そして、
イッシが学校に行けなくなったとき
「あんたが仕事ばかりしているからよ、子供のことを見てないから」

学校からも病院からも
「あなたの生活環境が悪い」と責められました。

 

親は週1は、

私の家に来て、たくさんの食料品を冷蔵庫に入れてくれて、そして家の掃除をしていきました。

 

親は知らなかったのです。

私がヒトにしてもらうことがあまり得意ではないことを。

結構、こだわりがある人間だということを。

 

だから、食料品も掃除も
私が何もできないから…信用されていないから
親が全部やるんだと思っていました。

 

共働きで2人の子育てが1人では出来るはずもなく…

頼らないといけません。
そんな時だけ甘える自分も嫌い。

世話になっているにもかかわらずこういう風に思っている自分も嫌い。
葛藤。


■今だからわかること

 

親は私を追い詰めようと思ってしたのではなく…
ただ、心配でやってしまったのではないかと。

親も悲しかっただろうな~
心配してやってあげてるのに、私の顔は不機嫌になっていく…

それが生きがいだったのだと…

 

私に専業主婦は無理でした。

私は、外で仕事がしたかった。
仕事が楽しくてしょうがなかった。

お金もほしかった。人に依存して、自分の意見を我慢するなんて到底無理。

親にとっては私は不思議な子どもだったんだろうな。
理解不能な物体だったんだろうな。

 

完璧な親なんてたぶんいない。

だってどれが完璧なんて誰も分からないはず…

周りは完璧な親に見えるけど、それはジブンが一方向だけ見てるだけ。

みんな、ジブンの悪いところなんて見せたくないですしね…