アタマノナカ。

シンプルに暮らす・シンプルに考える

東京に行って感じたこと。誰も自分を知らない幸せ。

おはようございます。

curiです。

週末、東京に行きました。

 

東京というか都会が好きです。

田舎しか暮らしたことがない私にとっては何もかもが新鮮で。

私のせっかちな生活にはもってこいと言える気がする。

 

田舎ではほとんど車での生活。

玄関から5歩で車に乗り移動する。

1,000歩も歩かない日もある。

平均3,000歩。

しかし、昨日は一日で20,000歩も歩いていた。

今日は体中筋肉痛。

友人も東京に来てからすっきりした印象。

 

東京は歩く、歩く、歩く。

地下鉄に入っても電車に乗るまでの距離がある。

そしてアタマを使う。

乗り換えもなかなか難しい。

今は、スマホで現在地と行き先を入力すれば、

一番早い方法、安い方法を瞬時で出してくれる。

なんとも頼もしいやつ。

それでも迷う私。

 

新宿に初めて言った。

駅で面食らって、街で周りを見るのをやめた。

周りを見てたら前に進めない。

ひたすら前方を見て歩くのみ。

 

祭りがあるっているのかという雰囲気。

人人人。こんなに人を見たのは初めてかもしれない。

押し寄せてくる人の波。

自分を持ってしっかり歩かないと持っていかれそうだ。

 

それにだいたい路線がありすぎて分からない。

私には同じような線の名前ばかり。

 

どこの街にいっても、同じ名前の店がありここがどこなのか

はっきり行って区別がつかない。

 

そして物価が高い。

私が住んでいる田舎とは全然ちがい。

できれば、チェーン店でコーヒーを飲んだほうが安心。

ランチ以上値段を取られることが多い。

 

そして東京の人はいつも急いでいる。

よりムダな動きをしないようにしているように見える。

 

帰ってきてビックリされたこと

『歩くのが早いよ』

たった28時間ほどの滞在。

そのうち6時間ほどは寝ているので、

おおよそ20時間しか東京で行動をしていないのに…

気分は東京人となって帰ってきている。

 

誰も自分に関心がない。

いろいろな人がいて誰も私に関心がない。

知り合いがいない。

こんな幸せがあるのだろうか?

 

田舎に住んでいる私は休みの日ぐらいは知り合いに会いたくなくて

このごろは、家に引きこもっていることが多い。

自意識過剰と言われるかもしれないが。

 

お金はたくさん使うわ。

人疲れするけど…でも何か惹かれる。

 

若者が東京っていう意味も分かる。

東京の魅力ってなんなんだろう。

 

何に対しても、無我夢中になったことのない私が

魅力を感じさせてくれる街。

1人で行動するとまだちょっとこわいと思うこともあるが、

楽しい。

 

自分を見つめ直してくれる。

いろいろな人がいて

どんな風に考えてもいいのではないかと。

孤独と隣あわせ。

自分の気持ちの持ちよう。

 

こうしなければいけないという固定概念がちょっと薄れていくような。

固定概念にがんじがらめに縛られている私がちょっとゆるくなるところ。

 

いつも帰るときの飛行機の中は悲しくなる。

現実。現実が押し寄せてくる。

 

また行けるようにがんばるわ。

 

*あまりにも楽しみすぎて写真取るの忘れました

撮った2枚のうちの1枚。

友人と待ち合わせしたときに目印にとった1枚。

笑える。

f:id:curi-head:20181127002038j:plain