アタマノナカ。

シンプルに暮らす・シンプルに考える

保険見直しました。保険の決め方のひとつの例!

こんばんは。curiです。

 家の保険の話です。

うちは、完全分離型二世帯住宅。

小さいことも4人(義理の父母とイソウロウと私)で話し合うことにしています。

もめたくないというのが理由です。

これから一生付き合っていく人たち。

隠し事をすることがメンドーなのでありのまま付き合うことにしてます。

 

保険の選択肢は下記の3つ

団体信用生命保険

②三大疾病付き団体信用生命保険

③収入保障保険(民間の保険からの提案)

 

住宅ローンを申し込むときすでに

団体信用生命保険

に申込済みではあるのですが…

なんとなく不安らしく、4人の意見が一致しませんでした。

 

火災保険、地震保険家財保険には義理の母ゆーちゃんの長いつきあいの

保険屋さんに見積もりを取ってお願いすることにしました。

 

その保険屋さんが団体信用生命保険に代わる

③収入保障保険

収入保障保険とは、万一の場合の死亡保険金を、一時金ではなく分割で受け取るタイプの生命保険です。 収入保障保険は定期保険の一種ですが、死亡保険金を年金形式(毎月受け取るタイプや、毎年受け取るタイプがあります。) で受け取る生命保険です。

 

を提案させていただきたいと申し出をされ…

お話を聞くことになりました。

 

とりあえず、話は聞きましたがなんとなく意味は分かりましたが、

これを人に説明はできません。

 

私の保険の決め方は、

払えるかどうか

自分にメリットがどれだけあるか

デメリットも聞いて

あとは直感!

そして人に決めてもらわない。自分で決める!

 

一番ダメな決め方と言われそうですが…

これが私にとってあとで後悔をしない決め方なのです。

 

結果をお伝えしますと

③収入保障保険でなく

団体信用生命保険

に決めました。

理由は保険料が高くて払えないです。

あと数年後には多分家計が破産するような気がしました。

来年から数年は今まで貯めていたお金をほとんど使う年です。

お金がかかります。

支払いが多いこの数年払いきれません。

あと、払う金額に対してメリットがそれほどまで感じられませんでした。

 

でも、義理の母ゆーちゃんがとても心配しています。

その打開策として、

今入っている保険を見直すことにしました。

イソウロウが死ぬのはいいのですが、寝たきりになり仕事ができない状態に

なったときの保険です。

 

<<見直す条件>>

●2人のコドモを県外の大学に4年行かせるお金を含む

●コドモはあてにしない

 

<<保険屋さんからの条件>>

●私が今の仕事を65歳まで続ける

●毎月の生活費は最低限度、月10万程度

●コドモに準備できるお金は大学費用までそこからは一切援助なし

 

上記の条件でなんとか今の保険代から千円ぐらいオーバー

なんとか最低限度の保険で組んでもらいました。

ちょっと削りすぎる部分もありますが今の支払いからオーバーしても

自分の首をしめるだけです。

 

もう少し具体的なことをかければよかったのですが、

だいたい保険のことが把握できないでの説明までには至りませんが、

 

私の結果。

自分が納得したうえで。

保険にはメリットもデメリットも両方ある。

保険は保険。

万が一のための保険です。

保険を手厚くすればいい問題でもありません。