アタマノナカ。

シンプルに暮らす・シンプルに考える

共感した言葉

先日、薬丸裕英さんが
「子供に投資して不良債権になったとしても後悔しない。それで将来につながれば」
という言葉を言っていた。
 
安心した。よかったって。思いました。
 
なんとなく
ニシ(次女)を県外の高校に入学させたことに、
後ろめたさを感じている自分がいることを認めたくなかったのだ。
 
子育て放棄?
 
 
「なぜ」県外?周りにもたくさん高校あるじゃないと
みんなに聞かれて…「本人の希望だから」としか答えられなかった。
 
その高校に呼ばれたわけでもなく…
 
どこにそんなお金があるの?
そんな子どもに投資してもしょうがないんじゃない?
 
 
親からは、
「県外に追いやったのだろう」
と言われた…それが本気なのか冗談なのか分からないけど。
 
私は
本人のやりたいという希望はできるだけ叶えてやる
世界は広いことを見せてやりたい。
 

と子どもが年々成長していくなかで想いは強くなっていった。

小中と2人とも私が経験しないような経験をした。

我慢の連続…こんなに否定されながら成長しなくてはいけないのだろうかと思うほど。

 

■女だから

 私の小さいころからのキライな言葉。
 
「女だから」
お風呂は最後
遅く帰ってはいけません
お手伝いしなさい
料理作りなさい
女らしくしなさい
女の幸せは結婚
 などなど
 
キリがない言葉。
 
女だけでなく人としてしなくてはいけないことなのではないかと…
  
男も女も関係なく、一人の人間としてみんなに接する子どもになってほしいと思っています。
 

■経験は財産だと言われる理由

 
人は失敗体験から色々な事を学んでいくという事
経験は財産だと言われる理由は、経験しなければ何も得られない。
経験をする事で、失敗する可能性も多いにある。
しかしながら、失敗する事で得られることもたくさんある。
そのため、経験は財産だと言われる。
 
失敗に耐えられる強い精神力こそ、鍛えていくべき。
失敗に耐えられる強い精神力は、「絶対に達成したい未来」を頭の中に具体的に思い描くことで可能になっていくはず。
 
 

■まとめ

だから、私はできるだけ子どもたちのやりたいを大切にしようと思う。
お金には限度があるけど…だから働く!
 
それに自分自身も子育てに一生懸命になるのではなく
子供の人生は子供のもの。
自分の人生も楽しむ!
依存しないように気をつける!
 
 
まさか、高校を県外に行くことも、生まれたときのニシ(次女)からは想像もしなかった
だから人生は楽しい!
 
イッシ(長女)も、一人でいろんなところに出没している!
自分の意見も言えるようになったし、あの頃のイッシから想像もできないと思う。
 
今思うと、
オーストラリアへのホームスティはかなりよかったような。
ちょっと初めは行きたくないようだったけど。
帰ってきたときの笑顔!!
それが答えだったような!